衣装品を通販で購入する為に、必要な知識のご紹介

>

サイズ測定をするために必要なものを準備

サイズをアバウトなままにしていると、海外表記を日本人用に表示してくれていたとしても、解らなければ失敗するのは必然です。
サイズ測定をするには、百円ショップなどで手に入る測定用のメジャーを用意しましょう。
身長が高い人などは、長めのメジャーがいいと思います。
用意したメジャーで、女性は特に3サイズについてはしっかり測定しておきましょう。
男性の場合は、足丈の部分や、ウエストなどをしっかり測定します。

もしも、ご自分での測定が難しいなどであれば、衣料品店に赴いて、測定してくれるお店もありますので、そちらを利用するのもいいかと思います。

体系は日々変わっていくものです。ご自身が、体系が変わったな、と感じた時が再測定のスパンと考えていいでしょう。

測定なしは自己責任

サイズ測定をアバウトにしたままに、通販をして失敗するのは自己責任という、残念な結果に終わってしまうことになります。
返品が出来るものと、そうでないものが多くあるので、返品が出来ない場合ですとやはり無駄骨を折る、ということに繋がってしまいます。

購入者側にも、最低限必要な責任が伴います。
自己責任で生じた失敗を、販売店にクレームする前に、しっかりと測定していたか、ちゃんと確認していたか、などを振り返る必要があります。
その為にも、最低限は、ご自身のサイズを把握しておくことで、問い合わせ時に、スムーズに対応してもらえるなどの、メリットが生まれます。

せっかくのショッピングを、台無しにしてしまわないために、ご自身で出来る事を考えて、計画的にショッピングを楽しみましょう。


衣料品を購入する前に知っておく事、準備する事

この記事をシェアする